この地域と共に生きる決断

地域に根差した病院で働くことを夢みて、愛媛県の看護師の求人に応募する方がいることでしょう。心から患者に安らかな気持ちになってもらいたいという医療人が集まる病院で働けることを名誉あることとして受け止めていくと考えられて、ともすればその病院に骨を埋めてもいいと思うようになるのが窺えます。常に患者と一体感を持つことを重んじるような看護を実践していくことを切に願っている看護師がいると思い、自分の看護が多くの患者を救うことにつながると考えただけで、武者震いをするほどの期待感を抱いていくのではないかと考えられるのです。看護を通して患者との距離を近くしていくことは、看護師の誇りを絵に描いたようなものではないでしょうか。
これから面接を受ける愛媛県のとある病院がかなり長い築年数である場合が考えられるのです。応募者はその病院を見て、「古くからある病院だから、きっと地域の人達から親しまれている病院なんだろうなあ。ここの病院で働いている看護師は、さぞ地域に根差した看護を実践しているという自覚を持っていることだろう」と感じているかもしれません。応募者は、その病院で患者に満足のいく看護をしていくことで、おのずと地域に対して貢献できていると実感するのではないでしょうか。看護師のモチベーションの高さが地域の貢献度として反映されていくと考えられて、地域との深いつながりから生み出される看護を実践できることを誇りに感じていくと思うのです。
愛媛県看護師の詳細—–《http://www.pselc.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です