看護師不足の解消を胸に抱いて

 看護師不足を解消するために、看護師の大量募集に踏み切った院長は、優秀な看護師が集まることを切に願っています。募集を掛けたのがきっかけで、未来が大きく切り開かれていくことを期待しているのです。必要な人材を看護現場に投入することで、その現場が生まれ変わっていく光景をイメージしています。看護師不足が解消すれば、看護師の負担が軽減されることを見越しているのです。看護師が不足しているため、どうしても一人当たりの看護師に業務のしわ寄せが来るのは致し方ないことであります。看護師不足が発生している病院で働いている看護師は、一日でも早く必要な人数の看護師が入職してくれることを願っているのです。
 看護師不足が発生している看護現場で働かざるを得なくても、めげずに看護業務をしている看護師が少なくないでしょう。いつの日か看護現場は生まれ変わるはずだと信じていて、希望を抱きながら日々を送っています。幸い人材スペックが高いため、看護師が不足している分の看護業務を何とかこなすことができるのです。それでも看護師が欲しいと思っているのが窺えて、入職した新人が自分のような優秀な看護師であることを切望しています。
 今だからこそ理想的な看護現場で満足できている院長の中には、過去に看護師不足に尽力していたことでしょう。ふとした時に看護師不足を解消しようとする気持ちで溢れていたことを思い出しているのが窺えて、看護現場を活性化させたい一心だったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です