看護師不足を物ともしない姿勢

 看護師不足の現状に負けないくらいのバイタリティを持っている看護師が少なくないと思うのです。看護現場で働く看護師の人数が足りなくても、今の状況を何とかして乗り越えようとする気持ちを奮い立たせているのが窺えます。看護師不足を物ともしないくらいの覇気を宿していき、看護の力で看護業務を消化していこうとするのです。いつの日か看護師不足が解消することを信じて、日々の日常を過ごしている看護師の姿が目の前に浮かんできそうであります。
 職場の人間関係を良好に保つことで、看護師不足が起こらないように努める看護部長がいることでしょう。看護部長が一人ひとりの看護師に対して人間関係について聞いていき、どうすれば人間関係が上手くいくのかをアドバイスしているのが窺えるのです。看護師が抱える人間関係の不安要素を取り除いたときに、近いうちに理想とする職場環境が訪れるはずだと信じるようになります。
 看護師不足を解消するために、看護師の大量募集を実施するべく院長に相談する看護部長がいらっしゃることでしょう。何とかして看護師不足に歯止めを掛けたい切なる想いが垣間見えて、看護師不足さえ解消すれば看護現場が生まれ変わるはずだと信じているのが窺えるのです。看護現場を統括するリーダーとしての責任感が看護部長を大きく突き動かしていき、現状打破をしようとする気持ちに拍車を掛けていきます。自分の部下を救いたいという想いが、看護現場を良い方向へと導いていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です